お客様とスタッフのさきがババコブタをプレイしているところ

みなさまこんにちは!

スタッフのナカヤマ、さき、あやりです。

本日はMouBさんが作られた新しいゲーム

「ババコブタ」

をプレイさせていただきました!

今回の記事は「ババコブタ」がどんなゲームなのかと、

実際に遊んでみたスタッフの感想をご紹介します!

ババコブタってどんなゲーム?

 

ババコブタのパッケージ

「ババ抜き」+「3匹のこぶた」で「ババコブタ」

ババ抜きで資材を集めて家を建て、オオカミの攻撃から7日間自分のこぶたを守り切った人が勝ちです!

最初に家カードを6枚ずつ持ち、2枚だけ見ます。

残りの4枚は見ないように裏向きで持ちます。

慣れないうちは、つい全部見ちゃうので、細心の注意を払って手札を受け取ります。

初期の手札。自分のカードは2枚しか見えません。 反対に相手のカードは4枚見ることができます。

先攻の人から1枚相手のカードを引きます。

引いたカードは内容を確認して自分の方を表にして持ちます。

後攻の人も1枚相手引いたら、セットフェイズにうつります。

自分の手札から2枚選んで、裏向きに相手と自分の間に並べて置きます。

この時、自分からどんなカードか見えているものを置いてもいいし、

何のカードかわからない裏向きのを置いてもいいです。

2人とも2枚ずつカードをセットできたらせーの!で表にします。

家カードを表向きにしたところです。どちらのプレーヤーのカードも揃っていないので、今回は家を建てられません。

写真のように家カードが揃わなければ、今回は家を立てることができません。

次に右横のオオカミカードをめくります。

写真では次男(攻撃力2)でした。

今回は両プレーヤーとも家を建てていないので、次男の攻撃力分で2匹のこぶた(手前のカード)を食べられてしまいます。

もし、セットした2枚のカードが揃っていれば家が建ったり、効果が発動したりします。

家が建っていれば、その家カードの数字分オオカミの攻撃力を減らしてこぶたを守ることができます。

出したカードは自分の手札に戻します。

揃わなかったカードは自分の方を表にして持ち、

揃って家を建てたり効果を発動したカードは裏向きにして持ちます。

これで1日が終わり、また家カードを引き合うところに戻ります。

*game data*

対象年齢:8歳以上

プレイ人数:2人

プレイ時間:5分程度

遊んでみたスタッフの感想

・初めはこぶた2匹分リードしていたのに、最終日の一手で全滅して負けた〜。もう一回やりたいです!

・オオカミの方に長男・次男・三男がついてる…!最初こぶたじゃないんだって思いました。

・相手だけに見えるカードと、自分だけ見えるカードとあるのが駆け引きを生み出していて面白かったです。

・カードの種類と枚数が決まってるから、見えてないカードを予想するっていうのがコツかも。

・相手のカードが見えるババ抜きって初めてだったので新鮮でした!

ババコブタ遊んでみてください!

ババコブタの作者、MouB(ムーブ)のザキさんとともきさん

ババコブタはゲームマーケット2021大阪で購入可能です。

また、SANTASにも置いていただいているので、いつでもお店で遊んでいただけます!

ぜひ遊んでみてください。